私たちの職種と研修を紹介します。

弊社の職種は、おおまかに、①弁理士・実務者(特許技術者、商標実務者)、②特許事務(パラリーガル)、③特許翻訳者、に分けられます。①から③の職種は、特許や商標についての専門知識を生かして、活躍する職種です。弊社では社内の教育制度やOJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)の仕組みを充実させて、初心者でも専門知識を学んでスムーズに定着できるような環境づくりをしています。

弁理士・実務者

ATTORNEY/ASSOCIATES

技術や法律の専門家=実務者技術×法律

自分の専門知識を広げる

弁理士・実務者は、特許や商標の実体的な中身を取り扱う職種です。特許技術者は技術の専門知識を求められます。商標実務者は商標法や法律に関する知識が求められます。高岡IPが取り扱っている技術分野は、バイオ・化学・電気・機械・商標・意匠・訴訟と多岐にわたっています。特許技術者は、主に理工系大学の出身者、企業で研究開発を行っていたエンジニア、大学等のアカデミックな機関の研究者などの経歴を持つ人たちです。商標実務者は法学系・語学系の大学の出身者、企業の法務担当者などの経歴を持つ人たちです。高岡IPには各分野のプロフェッショナルが多数在籍しており、実務者は技術分野・法律分野ごとのチームに配属され、他のメンバーと協力し合って仕事を行います。

インターナショナルに活躍する

高岡IPには多数の外国のクライアントがおり、私たちは彼らのために日本での特許や商標の手続きを代理しています(外国から日本への仕事)。その一方、多数の日本国内のクライアントのために、外国での特許や商標の手続きも代理しています(日本から外国への仕事)。このように、高岡IPではインターナショナルに仕事をする環境が用意されています。実務者は、手続きを進めるにあたり、外国のクライアントや外国の法律事務所とメールでコミュニケーションを取っています。必要なときは、翻訳者や英語のネイティブスピーカの助けを借ります。実務者は、クライアントの要望を的確に把握し、専門家の視点から的確にアドバイスを行い、スムーズな手続きを行います。

難しい案件を成功させたときに 自分の成長を感じて、 とてもやりがいを感じます。

学科研修について

弊社には、基本的な知識をオンラインで学ぶことができる学科研修制度があります。特許・実用新案法、意匠法・商標法・PCT出願・パリ条約など、分野に応じて弊社の弁理士が解説する動画を受講することができます。受講後はテストがあり、自分の理解度を確認してから次のステップに進みます。また、弊社では国内や外国の知的財産法についてのセミナーを定期的に主催しており、社員は無料で参加することができます。また、外国の弁理士が頻繁に来訪し、そのたびに少人数のセミナーを社内で開催してくれますので、こちらにも参加することができます。外国の弁理士との交流もさかんで、親交を深めるためのイベントもありますので、英語が好きな方はぜひ参加してみてください。

実務研修について

未経験者の方は、学科研修と並行して、まずは4~6か月間研修生として、ベテラン弁理士と一緒に案件をこなします。具体的な案件をみながらベテラン弁理士のやり方を学びます。ここで、まず指導員である弁理士の実務スタイル一つの型をしっかり学びましょう。その後、その指導員が過去に取り扱った前例をもとに下書きを作成し、指導員からフィードバックをもらう、ということを繰り返します。研修生期間が経過すると基礎ができてきますので、さらに複雑な案件にチャレンジします。場合によっては、クライアントとの面談にも同席します。およそ6~8か月経過すると、実務者として自信がついてきます。この後は、さらにステップアップして実務経験の幅を広げ、1~2年でスペシャリストとして1人で業務をこなせるようになります。