私たちの職種と研修を紹介します。

弊社の職種は、おおまかに、①弁理士・実務者(特許技術者、商標実務者)、②特許事務(パラリーガル)、③特許翻訳者、に分けられます。①から③の職種は、特許や商標についての専門知識を生かして、活躍する職種です。弊社では社内の教育制度やOJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)の仕組みを充実させて、初心者でも専門知識を学んでスムーズに定着できるような環境づくりをしています。

特許事務

PARALEGAL

英語力を生かす=特許事務員英語×法律

英語力を活かしてパラリーガルを目指す

特許事務員は、知的財産の権利取得・譲渡・名義変更・審判などの手続の方式的な業務を取り扱う職種です。海外では「知的財産パラリーガル(IP Paralegal)」と呼ばれ、とてもリスペクトされている専門職です。特許事務員は、実務者が作成した文書を、定められたフォーマットに従って整え、願書などを添付して、期日までに特許庁に提出します。また、期限が発生したときや案件が終了したときに、クライアントに連絡や報告をしたりします。優秀なパラリーガルは、フォーマットや期限に関する専門知識を備えていて、速やかに且つ正確に業務をこなしていきます。特許事務員には、英語を好きな女性が多く、また働くママさんもたくさんいます。

手続を最初から最後まで経験できる

弊社では、(他事務所がやっているような)いわゆる分業制をとらず、その案件の始まり(出願)から終わり(登録)まで一人が一貫して担当する方式を採用しています。できるだけ幅広い経験をしてもらい、パラリーガルとしての専門性を高めてもらうためです。また、特許事務員ごとに国内・外国という業務範囲を固定したりせず、誰もが国内も外国のどちらの手続も経験できるようにしています。こうすることによって、いつでも新しいチャレンジをすることができ、「今回はうまくできた、次はこれをやってみよう」というやりがいを感じることができます。知的財産の業務は奥が深く、学ぶことがたくさんあります。ひとつひとつ時間をかけて、新しい知識や経験を得る喜びを感じてください。

案件をひと通り担当させてもらえるので流れを学ぶことができ、やりがいを感じます。

顧客とのコミュニケーション

私たちはクライアントを不安にさせたり、不快な思いをさせないように気を配っています。手続が完了したら速やかにクライアントに報告します。手続に選択肢があるときはそれらをきちんと説明します。ときには、返事の催促を求めるメール、謝罪をするメールなど、言いにくい内容のものもあったりします。迷ったときは、上司や弁理士が親身に相談にのってくれます。英語の微妙なニュアンスで悩んでしまったときは、社内にいる英語のネイティブスピーカに英文をチェックしてもらえるので安心です。

みんながフォローしてくれる

ひとつの案件ごとに、実務者と特許事務員の2人1組がセットで担当となります。ですので、手続でわからないことがあったり、疑問があったりしときは、担当の実務者に相談すれば一緒に考えてくれます。また、期限が発生した場合でも、全案件の期限をウォッチしている部門がありますので、期限徒過などのミスを防止してくれます。このように、特許事務員がひとりで責任を背負い込んで仕事をするのではなく、チームで互いをフォローし合いながら業務を進めるようになっているので、安心です。

学科研修について

弊社には、基本的な知識をオンラインで学ぶことができる学科研修制度があります。特許・実用新案法、意匠法・商標法・PCT出願・パリ条約など、分野に応じて弊社の弁理士が解説する動画を受講することができます。受講後はテストがあり、自分の理解度を確認してから次のステップに進みます。また、弊社では国内や外国の知的財産法についてのセミナーを定期的に主催しており、社員は無料で参加することができます。また、外国の弁理士が頻繁に来訪し、そのたびに少人数のセミナーを社内で開催してくれますので、こちらにも参加することができます。外国の弁理士との交流もさかんで、親交を深めるためのイベントもありますので、英語が好きな方はぜひ参加してみてください。

OJT研修について

初心者の方は、まず国内又は外国のどちらかの簡単な案件について、ベテランのパラリーガルから指示を受け、必要な資料を受け取り、そこから仕事がスタートします。ベテランが、使うべきテンプレートやクライアントごとに気をつける点などを教えてくれますので、難しいことはありません。最初の案件はコピペするだけでできてしまいます。そうやって案件を少しずつこなしていけば、全体の流れが見えてきます。少しずつ、無理せず、担当できる手続を増やしていきましょう。およそ6か月が経過すると、自信がついてきます。その後は、担当する案件の数を増やしていって、異なる手続や様々な案件にチャレンジして、パラリーガルの腕を磨いていきましょう。